プロが選ぶWifiランキング

Wifiルーター機能を一つにし通信速度を速める

Wifiルーターは複数のパソコンから、同時にインターネットに接続するための機器です。

これはWifiルーターに搭載されているNATやNAPTなどの、アドレス変換機能によって実現されていてインターネットに接続する際は、IPアドレスが必要になります。プロバイダーなどから割り当てられるグローバルIPアドレスは、全世界のインターネット上で一つだけです。独自に設定することは出来ません。

これに対してオフィスや家庭のLANに接続されている複数のパソコンには、そのLANだけで独自にかつ限定的に使われるプライベートIPアドレスが割り当てられています。プライベートIPアドレスのままでは、直接インターネットに接続できないのでこれをルーターのNATやNAPTの機能によって、グローバルIPアドレスに変換する訳です。これが、Wifiルーターの役割となっています。実はこのNATやNAPTの処理によって、インターネットへの通信速度は遅くなる傾向にあります。

Wifiルーター機能を持つ機器が二つ以上存在すると、NATやNAPTによるアドレス変換が2回以上行われることになりますからより通信速度が低下する結果となるのです。この他にもNATやNAPTによって動作しないアプリケーションが出るなどの問題もありますが、主に通信速度の低下を避けるためにルーター機能を一つにして対応し、なるべく通信速度が遅くならない様にしているのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *