プロが選ぶWifiランキング

Wifi機器の通信速度の規格

Wifiでは利用する周波数帯域や、通信速度の異なる複数の通信規格があります。

Wifiを快適に利用するためにも、このことを知っておくことは重要なこととなるのです。WifiではIEEE802・11シリーズという規格が採用されていて、複数の規格がありますがこのうち五つが採用され、IEEE802・11acの通信速度が一番早いものとなっています。周波数帯域というのは、一般的に周波数の範囲のことでヘルツで表示されていて、通信速度はbpsという単位で表示され、1秒間のデータ転送量を示しています。数値が高いほど、多くのデータを転送することが可能です。

Wifi機器は、五種類の通信規格のどれかを採用しています。これが違っても同じWifi機器なので通信はできますが、通信速度は遅いほうに合わせられます。たとえば接続先のアクセスポイントがIEEE802・11ac対応で、自分が利用している機器がIEEE802・11n対応の場合、通信速度は遅いほうに合わせられるのでIEEE802・11nの最大速度となるのです。

また2・4GHz帯の規格は障害物に強いという特徴があるため、屋外のスポットなどで採用されています。5GHz帯の規格は障害物に弱いというデメリットはありますが、2・4GHz帯よりも電波干渉が少なく混雑していないため、自宅などの屋内での利用に向いている規格になっているのです。速度規格などをよく理解して、機器を購入するようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *