プロが選ぶWifiランキング

Wifi/無線通信速度

Wifiは無線通信規格の一つで、国際規格のIEEE802.11規格を基づく通信機器の相互接続が可能であることを示すものです。

アメリカの通信機器業界団体が名付けたwifiは、音楽業界のHiFi(ハイファイHighFidelity)を模して、Wifi(ワイファイWirelessFidelity)と名付けています。現在は、無線通信がWifiを意味するが如く広く認識されています。IEEE802.11規格には色々ありますが、11a(5GHz帯を利用し最大通信速度54Mbps)や11g(2.4GHz帯を利用し最大通信速度54Mbps)、11n(2.4GHz帯と5GHz帯を利用し、11gと11aを高速にしたもので、最大通信速度600Mbps)などがありますが、最近より高速にして規格11ac(5GHz帯を利用した最大リンク速度6.9Gbps)などがあります。

無線LANには外部からの侵入や不正使用を防ぐために、セキュリティが厳重に必要なために、実際の通信速度は大幅に落ちます。無線LANは邪魔なLANケーブルが不要であり、持ち運びできるタブレットやスマートフォン、PDA、ラップトップ型PCなどの利用のため、無線LANが好まれています。

外部でのインターネット接続は、アクセスポイントにアクセスすることにより、簡単に出来、ホットスポットを呼ばれています。通信会社がホットスポットを提供しています。今後はタブレットやスマートフォン、PDA、ラップトップ型PC以外にも携帯ゲーム機器やデジタルカメラ、TVなど家庭電器機器にもIoTによって盛んに無線LANで接続されるようになります。一部の通信機器きは、アクセスポイントを必要としないで、P2P接続出来るアドホック接続もあります。家電製品やゲーム機などで見られます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *