Wifiの通信速度は色々な要因で変化します

subpage01

Wifiの通信速度は、環境や機器のスペックで変わります。

まず第一に機器自体のスピードが関係します。安価なWifiルーターは通信速度が控えめです。


今日量販店などで販売されているWifiルーターは通信速度が並み以上です。
そのため一般的な用途で使う分には、特にストレスを感じません。



普段から自宅でネットサーフィンをしたり、SNSに書き込みをしたり、時々動画サイトを見る程度なら、ルーターにこだわるメリットは小さいです。

毎日動画サイトを見て、高画質なコンテンツをストリーミング再生したり、オンライン型のゲームアプリを頻繁にプレイしたり、ネット上から色々なデータをダウンロードしたりアップデートしている方は、通信速度が大切となります。



並のマシンスペックでは不満を感じるはず、上位モデルのWifiルーターに買い替えるのがオススメです。そして同じWifiルーターでも、いわゆる接続する電波の種類によって通信速度は変わります。


主に家庭用のルーターには二種類の電波の規格があります。一つ目の規格は障害物に強く、その代わり速度自体はスタンダードな方式です。

これは安定性重視の物であり、ルーターから離れてネット通信をする際に最適です。もう一方の規格ですが、障害物に弱い代わりにスピードが極めて良い物となります。

スピードを優先したい場合はこちらがオススメです。通常の回線よりも円滑にデータが取り寄せられるため、体感的には倍速以上に快適になります。