iPhoneXで利用できるアプリの特徴

###Site Name###

iPhoneXとAndroidでは使えるアプリが異なることがあります。

その理由は、これらの端末はそれぞれ違った場所でダウンロードするためです。



Androidはグーグル社が管理するAndroidMarketからアプリを探します。

このサイトではアプリの審査が緩いとされ、年齢制限が必要なものや詐欺あるいは個人情報を読み取るだけのアプリが混ざっていることもあります。



一方で裏技のようなアプリがあり、使い方によってはスマートフォンを便利にしてくれます。自分で安全性の高いアプリかどうかを判断できる力が重要です。

iPhoneXではApple社が管理するiTunesからダウンロードします。

iTunesではアプリを厳しく審査するので、ウイルスが仕込まれたアプリの心配はありません。
全てiOSに対応するのでダウンロード後に不具合が起きることも少ないです。


そのため有料アプリも購入してしまうと返金を求めることができません。

Androidでは15分以内に返金できるので、iPhoneXでは本当に必要な場合だけ有料アプリをダウンロードします。
どちらの端末も使えるアプリの数は同じくらいですが、質の高さではiPhoneXが優れています。またApple社のパソコンであるMacを使っていると、相性が良いのでアプリの管理をパソコンでも手軽にできます。パソコンにiTunesをインストールして、音楽や写真と一緒にアプリもデータとして共有します。


iPhoneX向けのアプリ開発をする際にはいくつかチェックしておきたいポイントがあります。


1つめはアプリのデザインです。iPhoneXはアップストアで審査があります。

そのため、アンドロイドのように自由に好きなアプリを広く公開することはできません。

特にハードウエアをフルに使うタイプのアプリや画像を利用するタイプのアプリはチェックが厳しくなる傾向があるのでアプリをデザインする際にアップルが出している指針をチェックしながら作成することが大事です。

2つめは開発環境です。iPhoneX向けのアプリは無料で利用出来るアップル純正環境であるXcodeが利用できますが、サードパーティ製の環境も多数登場しており、開発環境は言語やチーム機能などに合わせて選択可能です。


特にプログラム言語については多数の言語が利用できますのでチェックが必要です。また、サードパーティ製の開発環境を利用する場合はiPhoneXのみならずアンドロイドのアプリも同時に開発可能になっているのでチェックしておきたいところです。開発環境が決まったら開発となります。

iPhoneXのアプリ開発では実機でのテストも無料で行えるようになっていますが、アップストアへの登録では有料の開発者登録が必要です。
年に1万円程度かかりますが何本アプリを提出しても無料で審査、出品してくれるようになっています。審査では数日から1週間程度でアプリの動きやセキュリティチェックが行われます。