iPhoneXのアプリ開発について

###Site Name###

iPhoneXのアプリを開発するのは個人、法人問わず自由に行なえます。

作成にあたっては本体でテストすることも無料になりましたが、アップストアへの出品については有料の開発者登録が必要です。

開発者登録は年更新であり、約1万円程度かかります。開発者登録をすると開発キットとベータ版のIOSへのアクセス権がもらえます。



この上、有料の開発者登録すると複数台の実機テストとアップストアへの登録が可能となります。


iPhoneXのアプリ開発はXcodeと呼ばれる純正の開発環境を利用して行われますが、サードパーティ製の開発環境も複数サポートされてきています。



iPhoneXのアプリはIOS用のアプリとして開発されるのでiPhoneX、タブレット問わずに稼働できるアプリとして提供できますが、どちらかに制限することも可能です。

アプリ開発は自由に作成できますが、アップストアへの登録に際してはアップル側の厳格な審査が行われます。

審査はアップル側の規約にそってチェックされますが、アプリの動作についてのほか、アプリとしての品格や機能面でのチェックが行われます。

特に機能面でのテストが厳しくされており、すべてのアプリがテストに合格することはなく、何度もテストを受ける場合も少なくありません。


Android側ではテストがないので何でも登録できるのとは大きな違いとなっていますが、利用者側としてはウイルスチェックなども行われるので安心して利用出来るメリットがあります。
スマートフォンのアプリ開発は主に専用開発環境が用意されるのですが、プログラムに利用する開発言語が指定されることからサードパーティ製の開発環境を利用する方も増えています。また、iPhoneX、Androidそれぞれに対してアプリを作らなくてはならないのですが、サードパーティ製の開発環境を利用することで同時にアプリを提供することも可能になっています。


iPhoneXの開発環境ではObjective-cやSwiftがプログラム言語として利用できますが、AndroidがJavaを利用することで互換性はありません。
サードパーティ製の開発環境はこれらの言語を利用せずに別のプログラム言語を利用しますが、どちらの環境向けにもアプリを作成できます。ただし、開発環境によってはiPhoneXの機能すべてを利用できないケースがあります。
特に新型のiPhoneXが登場した際にハードウエアの機能を利用できないこともあり、開発する際の障害となるケースとなります。ハードウエアの対応は時間がかかることもあり、開発環境を利用する際には注意が必要です。
開発されたアプリについてはアップストアでの審査でも不利益となることは少なく、他のアプリと同様に審査されますが、テストが通らない場合の対応はサードパーティ製の開発環境である場合に対応が難しいことがありますが、開発環境は順次アップデートがかかることが多いので対応は比較的スムーズに行われることが多いです。