iPhoneXのアプリの特徴

###Site Name###

iPhoneXはアプリのUIや動きについてアップルから指針が出てきており、指針を守ることで標準アプリのようなUIや動きを実現できるとして利用する方が増えています。
UIや動きを標準アプリに合わせようとする方向性はアンドロイドではあまりないことなのでiPhoneX特有の流れとも言えます。

アップル社の方針はユーザーエクスペリエンスの統一性が大事と考えていることから指針を守ってもらうことを推奨しています。
ただし、独自のUIや動きであってもアップストアの審査は通りますが、ユーザーから見れば独自性の強いアプリは気になるという方も少なくないようです。
iPhoneXのUIは端末の個性に合わせて作られていますのでどの世代のiPhoneXでも違和感なく利用できるのが特徴です。比較的自由な端末が多いアンドロイドとは真逆の思想となっています。


iPhoneXは初代からのハードウエアのスイッチ周りの特徴はそのまま引き継いでおり、画面はサイズアップされて来ていますが、使い勝手はほぼ変わっていません。古さを感じる方も居るようですが、アプリが無数にあることもあり、使いやすいと感じる方のほうが多いようです。



ユーザーエクスペリエンスについては標準アプリでIOSのバージョンが上がる度に新しい方向性も示されていますが、大きな変化というよりも基本デザインの洗練を大事にしてきており、どの世代のユーザーでも使えるUIを基本として改良が続けられています。



iPhoneXのアプリ開発は長らくアップルが提供する純正環境を利用することが必要でした。

しかし、サードパーティ製の開発環境が許されてきたことでアンドロイドアプリとしても同時に開発することができる体制が整ってきています。

もともとiPhoneXアプリとアンドロイドアプリは互換性がありません。

利用する開発言語も違いますし、何よりハードウエアの互換性がないのです。
しかし、サードパーティ製の開発環境はプログラム言語を指定することで一度作ったアプリが同時に他の環境でも使えるようにコンパイルしてくれます。
iPhoneX向けのアプリとアンドロイド向けのアプリではUIの使い方が若干異なる面もありますが、利用者にとってはあまり違和感のない雰囲気も作れることからアプリのダウンロード数も純正環境と比較しても問題ないレベルと考えられています。

サードパーティ製の開発環境は同時にアプリを出せる利点の他にさまざまなプログラム言語に対応している点でも魅力があります。プログラム言語はiPhoneXならObjective-c、Swiftですが、AndroidではJavaです。


この他の言語では開発が出来なかったのですが、JavascriptやC#など他の開発で利用されることが多かった言語に対応したことで開発するメンバーの獲得がしやすくなり、アプリ開発数も急激な増加を果たしています。

アプリ開発は高度化してきていますので今後も開発環境の進化は進むと期待されています。