iPhoneXアプリを作る方法

###Site Name###

iPhoneX向けのアプリの作成には3つのことを考えておくことが必要です。

1つめはアプリストアに出品したい場合はアップルのデベロッパー登録を買う必要があります。

年契約で1万円程度の出費となります。
デベロッパーとなれば各種ベータテストに参加できる、開発環境が無償で使える、サポートを受けられるなどの特典が用意されています。

また、アプリを作った際、他人のiPhoneXにアプリを入れてテストすることも可能となっています。

2つ目は開発環境です。

Xcodeなどの純正開発環境が無償提供されていますが、使い慣れていないプログラム言語を利用しなくてはならないと考える方が多くいますが、サードパーティ製の開発環境を利用することで好きな開発環境でアプリ開発が可能となっています。
iPhoneX向けのアプリはAndroidでは動作しませんが、開発環境によっては同じコードから双方の環境で動作するアプリを作成することも可能となっています。

3つめはMacの購入です。

Windowsなどを利用している場合にはアプリストアに提出する際にバイナリをMacで作り上げることが必要です。

そのため、iPhoneX用の開発にはMacが必須と考えられています。

ただし、ビルド時間を考慮しないなら最新のMacである必要はありません。


開発自体はWindows上でも可能ですし、シミュレーターが用意されてきているので開発段階ではMacである必要はなくなってきています。
iPhoneX向けのアプリを作るには2つ用意するものがあります。
1つはMac、もう1つはアップルのデベロッパー登録です。Macについては比較的新しいMacであれば中古でも構いません。重要な事はOSXYosemite以降に対応していることです。

古めのMacではサポートされないケースもあり、注意したいところです。
新品で買う場合は問題ありません。

多くの場合、5年程度はOSのバージョンアップに対応できると考えられています。

また、ノートタイプでも開発は問題なく、MacProなども必要ありません。


ただし、メモリについては可能な限り多く積むことが重要であり、8GB以上は必要と考えられることが多いです。
iPhoneXアプリはMacの他にアップルとデベロッパー登録を結ぶことが必要です。

デベロッパー登録をしなくても個人のアプリなら作成して実機確認もできるのですが、アップストアに登録したり、他人のiPhoneXにアプリを入れる場合はデベロッパー登録が必須となります。

デベロッパー登録は年契約であり、1万円程度で登録となります。デベロッパー登録後にはIOSのベータ版にアクセス出来たり、最新の開発環境を利用できるなどメリットが多くあります。


アプリ開発はXcodeと呼ばれるアップル純正環境の他にサードパーティ製の開発環境も利用可能です。
各種プログラム言語にも対応しており、無償で利用出来る環境が整ってきており、参加の敷居が低くなってきています。

iPhoneXアプリはアップルが用意している開発環境で作成することができますが、SwiftやObjective-Cなどアップル環境で利用が前提のプログラム言語であることが問題でした。


しかし、サードパーティ製の開発環境が整ってきたことでさまざまなプログラム言語でiPhoneXアプリを作成できるようになっています。

iPhoneXアプリの作成言語でもっとも注目されているのがJavascriptです。

Javascriptはwebでよく利用されている言語ですがCordovaなどのオープンソース開発環境で利用が進んできたこともあり、利用する方が増えています。

Javascriptを利用する開発では直接UIなども設計するやり方もありますが、HTML5を利用してUIを作ることが多くなっています。
HTML5はスマートフォン向けのwebサイトでは必須とも言われるほど利用が進んでおり、これまでiPhoneXアプリを作ったことが無いデザイナーの方もアプリ制作に関わることが増えています。
また、アップルのデベロッパー登録は個人でも登録できることからアプリ製作者としてJavascriptを利用しているデザイナーの参入が増えています。

Javascriptを利用することでMacだけではなく、Windowsでの開発も可能となってきています。


ただし、開発し、シミュレータで動作させるまではWindowsでもできますが、アップストアへの登録はMacが必要となります。
iPhoneXは本体の機能も注目されていますが、多くはiPhoneX用のアプリの多さ、多彩さに注目が集まる傾向が強いです。iPhoneXのアプリはAndroidと比較して安全性、アプリの機能的に優れていると言われています。



理由としてはすべてのアプリが一度アップルによって審査されているからです。

iPhoneXのアプリはアップストア以外ではインストールすることができない、また、アップルの審査に通らなかったアプリは個別に配信できないことがAndroidとの最大の違いとなっています。


アプリの審査では安全性、ウイルスチェックの他にアプリの内容チェックが入ります。

iphoneXはかなり有益な情報が揃っています。

内容が薄かったり、バグが多い場合には審査が通りません。


審査は何度でも受けることができ、審査を通ったアプリであればアップストアで配布されることになります。
アプリの内容チェックについては法的な問題もありますが、アプリの内容が基準をみたいしているかがチェックされます。



すぐに終わってしまう内容だったり、ゲームとして成り立っていない場合には審査が通りません。

このような審査はアプリをインストールする側にとってとても重要な事であり、iPhoneXがここまで信頼されている理由の一つでもあります。

また、審査を通った後で問題があった場合にはアップル側で配信停止をすることもでき、さまざまなアプリで不正が行われることを防ぐ仕組みができています。

このような仕組みもあってか有料アプリはAndroidよりも売上がよいというデータも出ています。