iPhoneXのアプリをJavascriptで作る

###Site Name###

iPhoneXのアプリはXcodeと呼ばれるアップル純正の開発環境で作ることが多いですが、ホームページなどで利用されているJavascriptを利用しても作成可能になっています。


アップルの純正環境で利用されるプログラム言語はObective-cとSwiftです。

両者とも他のスマホ環境では利用できず、アプリの作成もできないので両方の環境でアプリを動作させるためにはサードパーティ製の開発環境を使うことが多くなっています。
個別にアプリを作るよりも開発期間が短くできることが最大の利点ですが、さらに普段使い慣れているプログラム言語を利用できるメリットもあります。

iPhoneXのアプリはアップルストアのみで配布されていますが、アップルストアに並べるためには審査があります。

審査はどのアプリでも平等にチェックを受ける必要がありますが、サードパーティ製のアプリであっても審査が通るようになりました。
iPhoneX向けのアプリ開発ではホームページなどで利用されているJavascriptを利用する案件が増えてきています。



Javascriptを利用することができればホームページのデザイナーなどがアプリを作ることができますし、開発者を確保しやすいというメリットがあります。
ただし、純正環境で作成されたアプリに比べて若干速度面で遅さがあるのがネックとなります。また、IOSのバージョンが上がった際にライブラリが対応するまでの間、審査が一時的に通らなくなることもあるので要注意です。iPhoneXを含めたスマートフォンのアプリは自由度が高く、さまざまなタイプが用意されてきていますが、iPhoneXについてはアップルのガイドラインが徹底されていることから多くのアプリが似た操作体系を持っています。

アプリの操作については独自性も大事ですが、説明書を読まずにすぐに使える一定の操作感も大事です。
特にアップルの場合はマックからiPhoneXまで統一感のある操作が好まれています。

そこでアプリ制作のおいても純正アプリの操作系を真似て作られることが多く、このことがiPhoneXのアプリは使いやすいと言われる理由でもあります。

アプリについては連携機能も充実しています。



例えばカメラで撮影したファイルをメールで送ったり、ツイートすることもカメラアプリからスムーズに行なえます。

各アプリとの連携はアップルが用意しているライブラリで実現されており、面倒な部分はすべてアップルがやってくれます。アプリ制作サイドにおいては共有するデータを決めるだけで終わりです。

連携については編集機能にも連携可能です。動画や写真を撮影した後、さまざまな編集をすることができます。
編集はタッチパネルで行い易いように作られており、ファイルによってはPCやマックでの作業よりも快適に作業ができることがあるほどです。



その他、アプリは端末の機能をフルに利用して作成されることも多くなっており、特にGPUを活用したゲーム制作が進められてきています。