iPhoneXの評価点として挙げられるアプリの互換性

###Site Name###

iPhoneXの評価すべき点として、第一に挙げたいのが互換性の良さです。


様々なスマートフォンが今現在リリースされていますが、アプリとの間に相性が存在しており、相性が悪いとせっかくアプリのインストールを実行しようと思っても、実際には端末に入りません。

最新型のスマートフォンだからといって人気の便利アプリがインストール出来るとは言い切れません。

OSの種類やOSの世代によって、アプリが使えなかったりしますので、互換性の面で疑問符が付くiPhoneX以外のスマートフォンは、欲しいアプリが見つかる度に、それが自分の端末に入るか、下調べをする必要が出てきます。


翻ってiPhoneXなら、世の中にリリースされているほぼ全てのアプリがインストール出来ます。


なぜなら、アプリケーション開発者は皆、iPhoneXをベースに最新の製品を作っているからです。

シェアが最も多いスマートフォンで正常に動作するか、それを目安に開発しており、iPhoneXで稼働しないアプリは物理的に世の中に発表されません。


ブラウザや天気予報や新聞や価格比較や音楽・動画再生と、多彩なアプリが公式ストアに用意されています。

パソコン並かそれ以上の拡張性があり、個人の好きなように製品をカスタムする事が出来ます。
アプリの容量はとても小さく、多数の物を本体に入れても容量オーバーになってしまう事はそうそうありません。



また必要にないアプリは随時削除する事が出来ますので、安心して気軽に入れられます。
iPhoneXはアプリの数が多いことでも有名ですが、一つ一つアップルがチェックしてから公開されることで安全性が高いことでも有名です。



また、iPhoneXのアプリは有料であってもダウンロードしてくれる可能性が高いことでも有名であり、たくさんの企業や個人がチャレンジしています。


iPhoneXのアプリ開発においていは主に2種類の方法があり、1つはアップル純正の開発環境であるxcodeを利用することです。



Xcodeは無料で配布されており、アップルとのデベロッパー登録をすることでストアへアプリを提出することができます。2つめの方法はサードパーティ製の開発環境を使うことです。Xcodeはobjective-cやswiftを利用して開発されますが、C++やJava、C#などさまざまな開発言語が利用でき、純正環境に負けないほどの開発ツールが用意されています。

無料で提供されている場合が多いですが、サポート付きの有料プランなど大規模開発にも対応したツールが多数登場しています。iPhoneX向けのアプリを作る上で重要となるのがアップルのガイドラインです。
アプリは自由に作れますが、配布する際には一定の基準が設けられています。例えばアダルト要素が入ってはいけないとか、人を騙すような操作感も許されません。

また、セキュリティチェックが厳しく行われるのでウイルスが混入されないかも厳しくチェックされており、利用者に安全なアプリを提供する仕組みとなっています。