iPhoneXのアプリ開発の方法

###Site Name###

iPhoneXのアプリは純正の開発環境が無料提供されています。

開発言語としてはOBjective-cやSwiftが用意されており、利用者が自由に選べます。
また、サードパーティ製の開発環境も多数登場してきており、多くがAndroid版との同時開発を視野に入れた開発環境になっているのが特徴です。iPhoneX向けのアプリは対応する端末があまり多くないので作りやすいと言われていますが、タブレットにおいてもiPhoneXの画面をそのまま出すモードが用意されているのでiPhoneXだけではなく、ipad向けのアプリとしても利用可能となっています。



アプリは3Dを使った本格的なタイプも多くなってきており、PCに負けないスペックをすべて使いこなすのも可能です。

アプリで注目されているタイプにBluetoothを利用したアプリがあります。Bluetoothはさまざまな通信に利用されてきましたが、短距離の通信手段として手軽に使えるのでアプリでも多数のアイデアが実現されてきています。



このようにハード面でも自由に使える範囲が広いiPhoneXですが、使い勝手についてはアップルのガイドラインを踏まえた実装が望まれています。

純正アプリは率先してガイドラインを守っており、使い勝手のお手本となっています。

使い勝手についてはアップルストアの審査においてもチェックされますが、独自仕様の使い勝手であっても動作が問題なければストアに並ばせることは可能となっています。iphoneの長所は色々とありますが、様々な種類のアプリを無料でダウンロードして、本体にインストール出来る点が大きく評価されています。パソコンの場合、便利なソフトウェアは基本的に有料です。

それもまたアプリ1つあたり数千円から数万円の値段になります。

そのため、有料アプリを買うのをやめて、フリーソフトウェアで妥協するパソコンユーザーも少なくありません。

しかし、iphoneであれば多種多様な便利アプリが無料で公式ストアで配信されています。

パソコンのような難しい知識は不要で、画面を指先でタップするだけで、ダウンロードとインストールが終わります。

ビジネスからプライベートまで、暮らしのありとあらゆる面で役立つアプリが配信されています。



今、公式ストアに掲載されるアプリは、基本的に現行機であるiphone7を想定してリリースされています。

しかし、今後はiPhoneXが主流になります。

そのため、アプリ開発の方もiphone7からiPhoneXの方にシフトしなければいけません。


iphone7は人気があるモデルですので、一気に大衆が新型のiPhoneXに移行する事はありません。
しかし、スマートフォンのアプリの方は常に最新のiOSを意識して設計、リリースしなければいけませんので、アプリを開発する専門家は、iPhoneXを強く意識して作業を展開すべきであり、既に多くのプログラマと開発企業はそれを実践しています。